Semaltがオフラインで使用するためにWebサイト全体をダウンロードする5つの方法について語る

オフラインのときに、サイトのコンテンツにアクセスする必要がある場合があります。このため、ファイルをバックアップする必要がありますが、ほとんどのホスティングサービスはこのオプションを提供していません。人気のあるサイトの構造を模倣したり、CSSファイルやHTMLファイルがどのように表示されるかを確認したい場合があります。いずれにせよ、オフラインアクセス用にWebサイト全体をダウンロードする方法はいくつかあります。以下のいずれかのツールを使用すると、サイト全体または必要なページ数を確実にダウンロードできます。彼らが認証を必要とするときはいつでも、あなたは彼らの無料版を選ぶことができ、プレミアムプランのために何も支払わないようにすることができます。これらのツールは、スタートアップや中規模企業に特に適しています。

1. HTTrack

HTTrackは、ウェブサイト全体をダウンロードするための有名なプログラムまたはソフトウェアです。そのユーザーフレンドリーでモダンなインターフェースは、ユーザーの作業を飛躍的に促進します。スクレイプするサイトのURLを挿入して、オフラインアクセス用にダウンロードするだけです。

Webサイト全体をダウンロードするか、いくつかのページを強調表示して、ハードドライブに自動的にダウンロードすることができます。また、ダウンロードのために開く同時接続の数も指定する必要があります。特定のファイルのダウンロードに時間がかかりすぎる場合は、プロセスをすぐにキャンセルすることができます。

2. Getleft

Getleftは、多くの機能とユーザーフレンドリーなインターフェースを備えた比較的新しくてモダンなプログラムです。ダウンロードして起動したら、「Ctrl + U」を押して開始する必要があります。 URLを入力して、ディレクトリを保存します。ダウンロードを開始する前に、Getleftはダウンロードするファイルの数と、それらにテキストと画像が含まれているかどうかを尋ねます。ダウンロードが完了すると、オフラインでもウェブサイト全体を閲覧できます。

3. PageNest

PageNestの機能は、GetleftやHTTrackの機能と似ています。ウェブサイトのアドレスを入力して、ハードドライブにダウンロードする必要があります。ユーザーは、ウェブサイトの名前や保存場所などの必須事項を求められます。必要なオプションを選択して、その設定を調整することもできます。

4. Cyotek WebCopy

Cyotek WebCopyでは、事前定義されたパスワードを認証に使用する必要があります。この最新のプログラムでルールを作成し、オフラインで使用するためにサイト全体を即座にダウンロードすることもできます。ダウンロードしたサイトの合計サイズとファイルの合計数がデスクトップの右隅に表示されます。

5.ウィキペディアのダンプ

Wikipediaは、オフラインで使用するためにデータをダウンロードするためにImport.ioやKimono Labsなどの通常のツールを使用することを勧めていません。代わりに、このプログラムは品質の高い結果を保証するため、常にWikipedia Dumpsを推奨しています。 Webサイト全体をXML形式でダウンロードして、Webサイトまたはオンラインビジネスに役立つデータを抽出できます。